【家計費削減】年間8万削減!?自動車保険の考え方

車ハワイに行ってみたい

自動車保険は
簡単な節約ポイント

今回は自動車保険編ですね

10月末はいろんなイベント等でいろんなところにいっていたので知識がたくさんインプット出来ました

今回は、自動車保険に関してメリットを出していこうと思います

僕のよくいく佐賀県(九州)や、滋賀県の方などは自動車を持っている率が非常に高いのでうまく活用してもらえればいいかなと

貯金のコツは良くいいますが

何に支払っているかわからないお金を削っていく

というところです!(かなり大事なのでメモっててください)

お金に関して勉強していきましょう!

では、いきます!

自動車保険とは?

自動車保険は、厳密にいえば2種類あります

  • 自賠責保険
  • 任意保険

 

上記のうち、自賠責保険は法律でも決められている物なので、
また、次回詳しく話していきます

生命保険は本当に必要なのか?というところは僕がクライアントさんに必ずする質問ではありますが、
自動車保険(任意保険)では見ず知らずの方に思わぬ大きな損害を与えた時の助けになるものですので、必ず加入するようにしてください

自動車保険の種類とは?

自動車保険は2つの種類があります

代理店型とダイレクト型

という2種類です

1つずつみていきましょう!

代理店型

代理店型は、代理店を通してお客さんとやり取りをする仕組みとなっております

対面で担当者を通じて加入する自動車保険の事ですね

特徴としては、顧客にあった保険プランや必要な保障を提案する

保険金の請求等金銭に関する交渉ごとなどもサポートする

こんな感じの事があげられます

田舎だと、親からの付き合いでそのままお子さんが加入というのがすごく多い印象です
(僕の家もそうでした)

ここで、デメリットというのは
運営していく中で営業コストを含む様々な諸経費がどうしてもかかってくるわけです

そういった諸手数料も含めて
コストが少し割高になってきます

ダイレクト型

先ほどの代理店型とは異なり、
直接保険会社とお客さんが契約するしていく形です

具体的にはインターネットや電話で申し込みができます

ダイレクト型のメリットは
圧倒的な金額の安さです

僕のクライアントさんでは年間8万円支払っていた自動車保険の保険料が1万8000円までなりました

事故のときはどうなるの?とよく質問をいただきますが
基本的には事故専用ダイヤルがあり、そこで対応してくれます

最近では、サービスも良くなってきており(出始めのときはあまりよくなかったイメージ)

事故の際は専任の担当者さんと面談し、
直接対応してくれるところも増えてきたそうです

競合が増えてきたので、どんどんサービスが良くなってきているようですね

代理店とダイレクトはどっちがいい?

どう選べばいいんだろう?

自動車保険を使うような事故というのは
僕の中では「万が一」の分野になります

黄色の蛍光ペン(細)万が一のための商品を選ぶ際は、その時のシュミレーションが大切と僕は良くいうのですが
万が一の際(事故にあったとき)は必ず保険会社に電話すると思います

お客さんにとってその一歩目は代理店型もダイレクト型もかわりません

その後の対応は、どの保険会社でも結局担当者により優劣はあります

でしたら、万が一の保障に関する支払いの金額は
基本的に毎月の支出は低くしたい(毎月の支払いは少なくしたい)

ですので、僕の場合はダイレクト系の自動車保険もありという意見を持っています

大切なのはどこに目的をおくかによって答えはかわるので
参考にしていただけたらと思います!

一度見積もりをしてもらったら、
金銭的なメリットは感じられるので、是非試してみてください(車検証・免許証・現在の自動車保険の証券の準備!)

自分でやってみて、金額を見て、そこから判断した方がいいです!

車種などたくさんの要因によって保険会社の金額が違うので一括見積もりをお勧めします

浮かせたお金で旅行の資金をためて、紅葉の京都(今かなり綺麗です!)にきてみてくださいね☆

自動車保険は比較で安くなる

 

 

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す