自動車保険の空白期間は「中断証明書の活用」で等級を守る

自動車

BMWに乗ってみたい

自動車保険の
空白期間対策

仮想通貨が続いてましたが、今回はメリットが簡単に出しやすい自動車保険に関しての豆知識です。

最近の相談で、「海外留学に行くために一度車を手放し、保険も解約して、返ってきたタイミングでまた車の保険に入りたい」という方がおりました。

つまり、自動車保険の空白期間が存在するパターンですね。

この場合、「等級」をキープできるかどうかがポイントになります。

この等級を空白期間が存在した後も引き継ぐためには、コツがございます。

今回は、そのことについてお伝えしていこうと思います。

では、いきますね!

等級を引き継ぐためには「中断証明書」

自動車保険の等級は基本的に引き継ぐことができますが、条件としては次の契約まで原則7日以内です。

これを超えると等級は引き継ぐことができません。

ただ、上記の質問のような海外留学の場合だと1週間以内に新しい自動車保険の契約をすることは不可能です。

7等級や8等級ならば比較的すぐに上げることはできますが、15等級などコツコツためてきた場合でしたら戻すのは一苦労です。

そのような時には、ある証明書が活用できます。

それは「自動車保険の中断証明書」です。

中断証明書は保険を途中で解約するか、もしくは満期で継続しない時に発行することができます。

基本的には以下のような条件ですので確認して見てください。

  • 次の新契約時に7等級以上であること
  • 中断日までに契約車両の売却やリース業者の返還などが済んでいること
  • 中断日までに車検が切れていること
  • 出国から6ヶ月空いていること
  • 車の所有者が新契約でも同じ
  • 被保険者が新契約でも同じ

無事に発行されれば、なんと10年間も等級を引き継ぐことができます!

10年も空白期間が開くことはなかなかないでしょうから、すごく活用できる制度ですね。

想像以上に自動車保険はメリットが出やすい

自動車保険を「当たり前」のものとして支払っている方は本当にたくさんいます。

もちろん他人に迷惑をかけてしまうものなので、自動車保険に加入することは車に乗る上で守るべきルールです。

ただ支払いに関して、特に毎月引かれていくものは感覚が麻痺して「金額も当たり前のもの」という風になりやすいです。

自動車保険は、必ず一括見積もりをして相場を確認し、金額が自分にとって適切かどうかを確認してくださいね。

自動車保険の一括見積もりは簡単にできますので、5分だけ時間をとってやって見てください。

前の記事でもお伝えしてますが、8万の年間保険料が18000になったお客さんもおります。

【家計費削減】自動車保険の必要な補償内容

【家計費削減】年間8万削減!?自動車保険の考え方

浮いた62000円で旅行に行ってもらえたらいいですね☆

自動車保険は比較で安くなる

まとめ

住宅ローン、保険、ケータイは必ずチェックしていくと絶対にメリットが出ます。

1000人以上お会いしてきましたが、これは自分の中で自信のある意見です。

ボーナスが出て、楽しくなってくる12月。

支出もクリーンにして新年を迎えていきましょう!

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す