家を買う際の団体信用生命保険と生命保険はどちらがお得?

保険

浮かせる手段はたくさんある

団体信用生命保険と
生命保険

住宅購入の際の相談を最近はお客さんからも他のプランナーの方からもよく受けるようになってまいりました。

家を購入する際に住宅ローンを選ぶときは、固定金利を選ぶほうがいいという話も過去のブログでしていたと思います。

【ローン編】変動金利の持つリスクとは?

では、いざ固定金利で住宅ローンを進めていく際に考えていく必要のあることがあと一つあります。

それは団体信用生命保険をつけるかつけないかという選択肢です。

今回は、つける場合と、つけない場合の選択肢をお伝えしていこうと思います。

では、いきます!

団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、ローンを借りた人がローンを残したまま死んでしまった(もしくは高度障害)場合、住宅ローンが保険によって賄われる制度のことを言います。

皆さん、よく「団信」っていったりしますね。

なくならない場合でも、がんの場合だったら出るとか、三大疾病、七大疾病、八大疾病でも保険金が下りるとか様々な種類があります。

もちろん、保障を手厚くするほど負担が大きくなるのですが、何かあったときは住宅ローンが完済されるのですごくありがたい保障となっているのですね。

支払い方としては基本、金利に0.1-0.3%くらい上乗せされることが多いです。

団体信用生命保険をかけない選択肢とは?

団体信用保険は「死んでしまったときに残されたローンの負担をなくす」という本来の目的があります。

簡単にいったら、不幸があって3000万ローンを残ってしまったら、この3000万の負担がなくなれば問題ないわけです。

すると、この目的を達成するなら別の方法もありということになってきます。

それは「民間の生命保険を使うこと」です。

要は、上記の例でいったらローン分、保険金がおりたら目的は達成しますからね。

民間の生命保険は、年齢によって掛け金が異なりますが基本的に若い方は掛け金が低いです。

個人的に30台前半までの人は民間の生命保険のほうが安くなるイメージがあります。

この選択だけで50万から100万円は簡単にメリットが出せるところです。

対象者の方は、ぜひ見てくださいね☆

まとめ

今は親の世代と比べて収入は上がらないで、支出だけが上がっていっている時代です。

親の世代の時には、ケータイ代金とかなかったですしね。

支出を下げて、今後の手を打ち、今後のお金に関する不安をなくすためには、それぞれのご家庭に一流のプランナーがつく必要があります。

「一家に一人のFPさん」という、お医者さんと同じレベルの立ち位置まで浸透させていくための1つの手段がこのブログです。

少しでも世の中に価値を発信していけるように頑張っていきます。

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す