【家計費削減】引っ越し費用の値下げ方

引っ越し

引っ越しはリサーチ

引っ越しの交渉術

一人暮らしをしている学校の先生とか、急な移動で県内を引っ越しする人は多いと思います

そんな時に、大きなお金がかかったらお財布にダメージがきますよね?

引っ越しは仕組みをしっかり考えたら、安くなることが多いです。

引っ越しの時期になってからバタバタしないように引っ越しの金額の仕組みは理解しておきましょう!

引っ越し費用を安くする!

引っ越し代金をできる限りやすく行うためには以下のことを知っていてください

  • 相場を把握しておく
  • 一括見積もりをする
  • きてもらう日にちを集中させる
  • 必ず値段交渉をする
  • できるなら、繁忙期を外す

 

最低でも上記のことは必ず業者さんとお会いするまでに把握、イメージをしておいてくださいね

ちなみに引っ越し費用の相場としては1人暮らしの場合で同一県内へのですと大体2-5くらいのようです(県外だと5-10万くらい)

この金額の差というのが、業者間の金額提示の差になります

関西では「これなんぼなん?」とか「安くしてやぁ」っていう方を結構みるので心配はしていませんが笑

それに対して九州の方は値切ることに慣れていない人が多いので抵抗が少しあると思います(イメージです)

ただ、これだけ金額的に差があるのでどうせだったら言ってみたほうがお客さん側からしたらメリットは大きいですね

相場を把握し、
値段交渉を!

お客さんと引っ越し業者のそれぞれの立場

「相手の立場を考えて、提案をしていく」というのは、会社でもどんな時でも使えるノウハウになります

お客さん側では

  • なるべく安くしたい
  • 家具家電を傷つけないようにしてほしい
  • 万が一壊れたら補償してほしい
  • 笑顔が素敵な感じのいい人に来てほしい
  • 問題なく、スムーズに終わらせたい
  • たくさんの時間をかけたくない

などなどを考えています

それに対して引っ越し業者側では、

  • その日に契約をとりたい
  • 単価が高かったら嬉しい
  • 長引かせたくない
  • スムーズに終わらせたい
  • 他所に契約をとられたくない

という形で考えています

お客さんに引っ越し業者の人がいるので聞いてみたら

「大体の相場を把握して、ギリギリの金額を提示し、この金額だったら即決しますという人」

が最安値で引っ越せる人のようです

ですので、一度来てもらって見積もりを書いてもらい、その上で値段交渉をしてみる

即決してもらえるとなったら、来てくれた業者さんも上司に確認してくれたり金額の交渉をしてくれて
「この金額までだったらいけます」という風に下げてくれます

何回も交渉に行かなきゃいけないというのが、業者さんからしたらしんどいんで、お客さんが即決の価格を教えてくれたら頑張ってくれる所が多いです

引っ越しは期限もあるし、どうせしなくちゃいけないですしね

最初に一括見積もりをして、この業者に頼みたいなーと思ったところは最後に見積もりに来てもらったらいいですね

一括見積もりのサイトも貼っておきます!

【引越しラクっとNAVI】

うまいことやってみてくださいね☆

業者の立場を踏まえて、即決金額を出してみよう!

有料のものを無料にしてくれる可能性も

引っ越し

頑張るぞー!!

あとは、値段交渉ではないですが、言ってみると有料のサービスが無料になったりもします

例えば

  • 無料の段ボールを増やしてもらう
  • 耐震グッズをつけてもらう
  • 荷物の殺虫サービスをつけてもらうなど

などなど調べてみたら宅配業者それぞれにいろんなサービスがあります

これらも、本来ならお金がかかるところだと思いますので、安くなったり、無料になったら嬉しいですよね☆

相場を把握してとりあえず伝えてみる!

引っ越しの機会は数年に一回くらいだと思います

いきなり大きなお金がかかる時でもありますので見積もりを数社とり、家計に優しい引っ越しにしてくださいね!

【引越しラクっとNAVI】

引っ越し費用を削減し、快適な新居ライフを! 築地
赤ちゃん

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す