住宅ローンをお得にする見直しの3つの視点

家

住宅ローン

住宅ローンの
見直し方法

消費税増税に伴い、住宅を購入したい人の声が多くなってきました。

今回は、住宅ローンをすでに組んでいる人たちに向けての記事です。

一般の方が住宅ローンを行う際に見直す具体的な方法は3あります。

それぞれの方法を知り、メリットデメリットを把握し、ご自身の住宅ローンに関しての知識を深めてください。

住宅ローンは一瞬でメリットが出るものですので、ご自身の状況と照らし合わせながら読んで見てくださいね!

では、行きます!

.繰り上げ返済

これが一番メジャーなやり方かもしれません。

まとまったお金ができたときに(例えば100万円単位で)一気に住宅ローンを返済していく方法です。

毎月の支払いが減ったり、当初の返済時期より早く返すことができます。

「借金が何か気持ち悪い」という感覚を持っている人はすごく多いので、一番住宅ローンの返済で使用される方法ですね。

繰り上げ返済をすることで元金が減り、利息分を減らすことができることが一番のいいポイントでしょう。

ただ、住宅ローンを早く返したいからといって、むやみやたらに繰り上げ返済をしていくと手元にお金がなくなってしまします。

前回の記事でお伝えしたように、住宅ローンは今歴史上例を見ないほどの低金利です。

住宅ローンに頭金や繰り上げ返済は必要?

親の時代は金利が高かったので、頭金と繰り上げ返済はかつては常識でしたが今はそうでもありません。

うまく活用するという視点を持っていれば、選択肢も増えていきますね

2.条件変更

これはあまり知られていませんが、月々の返済額を増額・減額したりボーナス払いをなくしたりといった返済に関する条件を変更する方法です。

簡単にいったら、ライフスタイルの変化によって返済額を見直す方法ですね。

家計に余裕が出てきたタイミングに月々の返済を10万から11万に変えるなどといった手を打つことです。

ただ、金融機関にとっても手続きが複雑な割にメリットが少ないので積極的な情報開示もされておりません。

これのうまい使い方としては金融機関と交渉して金利を下げることが場合によっては可能です。

これによりメリットが出る場合は多いですね。

少しの手数料(金融機関によって違う)で、金利が下がったら毎月の支払いも下がるのでお金も簡単に浮きます。

これだけで100万円浮く場合もありますので、使いこなして見てくださいね。

3.借り換え

オススメ

築地のオススメは?

僕の1番のオススメは借り換えです。

理由は根本的な問題の解決になるからですね。

今時変動金利の住宅ローンを組んでいる人が非常に多いです。

変動金利のリスクについては過去の記事でお伝えしてきております。

【ローン編】変動金利の持つリスクとは?

条件変更して金利を下げても、結局は金利の上昇リスクに対応していないので問題を先送りしているだけになります。

ちなみに借り換えの仕組みはすごくシンプルで、今借りている銀行のローンの残高を新たな銀行から借り、全て返し切ります。

そして、新しく住宅ローンを組み直すという方法です。

確かに一見手間のように感じますが長い目で見たらトータルの返済金額も減らせる可能性があり、返済期間を減らせる場合もあります。

借り換えにはもちろん手数料などもかかりますが、そこは金額のシュミレーションをしてご自身の方向性にあっているかしっかり見ていってもらえたらと思います。

毎月の生活には住宅ローンだけではなく、他の支出も絡んできて、子供の成長に応じてもかかるお金が違います。

金額のメリットだけではなく、リスクを潰すといった面でも変動金利を組んでおられる方は固定金利への借り換えを考えて見てくださいね。

まとめ

僕が基本的に初めてお客さんとお会いした時に見るポイントはケータイ、生命保険、住宅ローンです。

これは、即効性があり、半端なく大きなお金を浮かせる可能性があるからです。

住宅ローンだけで20年で400万円くらい過去にお客さんの家計が浮いたことがあります。

どんなときも、スタートを切るのは早い方がいいですのでご自身の家計を一度ゆっくり見直してもらい、気軽に相談してもらえればと思います。

今は一応、相談無料で人とお会いしていますので気軽にいってくださいね☆

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す