誰でもわかる!年末調整と確定申告の違いと活用法

申告

確定申告は権利

年末調整と
確定申告

今の時期にサラリーマンの方が行う「年末調整」2月に自営業者の方が行う「確定申告」

この違いというのはご存知でしょうか?

ほとんどのサラリーマンの方は確定申告の経験がないと思います。

しかし、サラリーマンの方も確定申告をしたらお得な場合もあります。

今回はわかりやすく説明するために結構ざっくりとお伝えしています。

それぞれの違いを抑えて伝えていきますので、ぜひご家庭で活用して見てください。

年末調整とは?

例えば、年末調整がなく、確定申告だけだったらどうなるか?

みんながそれぞれ税務署に行って自分で申告をしなければなりません。

そしたら、税務署の人たちがすごく大変になってしまいます。

ですので、「多くの人が当てはまる申告(生命保険とか、扶養とか)は、それぞれの会社でやってね」というものが年末調整です。

毎月税金が給料から引かれていて(源泉徴収)、年末に生命保険とかの控除を教えてもらい最終的な納税額を計算するのですね。

ですので、年末調整とは確定申告の簡単なバージョンだと思ってください。

ということは、サラリーマンの方でも確定申告に行ったらメリットが出る項目などもあります。

確定申告は自営業をやっている人だけのものというイメージを一度崩して見てくださいね。

年末調整とは、
確定申告の簡易版

確定申告の活用

確定申告とは、「申告」を「確定」させるものです。

自営業の方は年末調整がないので問答無用で確定申告をするのですが、年末調整をしたサラリーマンも修正のために確定申告に行ったりすることもあります。

年末調整が確定申告の簡易版ということは、確定申告でしかできないことがあるということです。

確定申告でしかできないこととは、「毎年起こるほど頻繁じゃないけど、もし起きたら大変なこと」に対応することです。

ほとんど行くことないと思いますが、このタイミングのときは基本的にいったほうがいいです。

それは以下の場合です

  • 家族で医療費が10万以上かかったとき

  • 前年に家を買ったとき

  • 盗難や災害にあったとき

  • 年の途中で退職したとき

  • 退職したとき

上記の状況のときはサラリーマンの方でもいってみてください。

それぞれ細かくブログで解説していこうと思いますが、

軽く紹介すると医療費が家族で10万円を超えやすいのは出産の時などですね。

なんと、出産などの緊急の時のタクシー代とかも含めていいんです。

しかも、生計を一緒にしている家族のもの合計です。

一人だけではないんですね。

こうして見たら、以外と当てはまる人も多いかもしれません。

まとめ

「納税は義務、申告は権利」と良く言われます。

権利は、主張しないともらえません。

権利を主張しないで、お金を納めっぱなしになっている人はかなり多くいますよー!

税金などの話は、難しいイメージがあるので考えないようにしてシャットアウトする人が多いです。

せっかく汗水流して働いたお金なんですし、いつの間にか多く税金払いすぎていたようにならないようにしていきましょうね。

もっともっとわかりやすく伝えられるように僕も理解を深めてアウトプットしていこうと思います。

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す