セルフメディケーション税制と医療費控除の違いとお得な活用法は?

薬

市販の薬で節税

セルフメディケーション税制

僕がよくオススメするiDeCo(イデコ)と同じ時期に、さりげなく医療費控除の特例である新しい税制ができました。

その税制とは、「セルフメディケーション税制」

従来の医療費控除を使いやすくした新しい税制です。

このセルフメディケーション税制を活用することで、多くの人の税金が返ってくる可能性があります。

今回は、この税制を理解して、うまく活用していきましょう!

セルフメディケーション税制とは?

セルフメディケーション税制とは、きちんと健康診断などを受けている人が該当する市販薬を購入した際に、税金を少し下げてくれる制度です。

もともと存在している医療費控除はかかった医療費に対して税金を低くするためのものでした

昨日のブログでも、医療費控除には「治療」という概念が大切と書いたと思います。

今回の新しい税制は予防」という観点が大切です。

簡単な身体の不調を病院などではなく市販薬により自分で手当てすることで、国の財政を助ける役割があるんですね。

具体的には、以下の健康診断を受けている人は対象になります。

  • 特定健康診査(いわゆるメタボ健診)
  • 予防接種
  • 定期健康診断(事業主健診)
  • 健康診査
  • がん検診

結構皆さん受けていると思いますので、範囲は広いですね。

税制の内容はというと、
対象の商品の購入金額が12000/年(11-1231日)を超えた場合、その購入費用のうち12000円を超える額(上限金額:88000円)を所得控除できるという内容です

例えば年間82000円の指定の医薬品を買うと

82000-12000=70000

所得税率10パーセントの人なら70000×10%なので7000円が所得税から返ってきます。

さらに住民税も70000×10%なので、7000円返ってきます。

つまり、合計14000円のお金が返ってきます。

元々は返ってこないはずの14000円が手元に!

意外と返ってくるので、うまく使える制度ですね。

医療費控除との併用はできるの?

医療費控除に関しては昨日簡単にまとめました。

復習がてらに見ててください。

医療費控除の対象と抑えるべきポイント

ちなみに、医療費控除との併用はどうかというと、国税庁のページには以下のように書いておりました

セルフメディケーション税制は医療費控除の特例であり、従来の医療費控除との選択適用となりますので、いずれか一方を選択して適用を受けることになります。

したがって、セルフメディケーション税制の適用を受けることを選択した納税者は従来の医療費控除を受けることができず、従来の医療費控除を受けることを選択した納税者はセルフメディケーション税制の適用を受けることはできません。

つまり、医療費控除とセルフメディケーション税制は併用はできず、どちらか選ぶ必要があるということです。

基本的に医療費控除は10万以上の医療費の時に使える控除であるのでなかなか出産や保険適用外の医療を受けた場合でないと活用しにくいという特性がありました。

ですので、普段はセルフメディケーション税制を活用し、出産や手術などがある場合は医療費控除を活用していったらそれぞれの恩恵は受けやすいですね。

どんな商品が対象?

セルフメディケーション

こんなマークがついてるやつ

上記のマークがついているもの以外にも適用するものがあります。

その際は厚生労働省のページの一覧を見たり、お店のひとに聞いて見たら大丈夫です。

OTC医薬品といい、簡単にいったら一般用の医薬品のことをいいます。

こないだムヒアルファ買った時にもマークがついていたような!!

意外といろんなものについておりますのでお近くのドラックストアをみてみてください☆

まとめ

毎年お得になりそうな税制がどんどん出てきますが、一般的に知られていることは少ないようです。

お客さんの中でも、知らない人の方が多いイメージがあります。

知っていても、使える使えないは別の話ですがそもそも知らないと何もできないです。

情報を自分から取りにいく動きは今後大切になってきますので

このブログがその一端をお手伝いできたらと思います。

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す