収入や所得、今話題の給与所得控除って何?

源泉徴収票

源泉徴収票は必ず保管

収入、所得、控除
とは?

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

新しい年も始まり、気持ちも引き締まっているところなのでまたコツコツブログを書いていこうと思います。

今月は源泉徴収票がもらえる月。

源泉徴収票の見方も後々説明していこうと思いますが、誰でも源泉徴収票を理解できるようにまず基本的な用語についてお伝えしていこうと思います。

源泉徴収票は「お金の通知表」です。

どこをどう見ていったら手を打てるのかはっきりわかるようになっています。

基本的なことから覚えていってくださいね!

では、いきます!

収入、所得の違いとは?

収入と所得をよくごっちゃにされている方がおられますので、改めて説明していきます。

  • 収入・・・給与や賞与などの年間の合計収入のこと
  • 給与所得控除・・・給与を得るためにかかったお金(収入により自動計算)

  • 所得・・・収入から給与所得控除を引いた金額

  • 所得控除・・・所得から引かれる金額(社会保険料控除や扶養控除など)

もう少しわかりやすく計算式で言ったら

収入-給与所得控除=所得
所得-所得控除=課税所得

となります。

この最終的な課税所得で所得税と住民税がかかります(混乱するんで税額控除はちょっと省きます)

では、サラリーマンの方が効果的に節税を考えていくにはどうしたらいいのでしょうか?

多分収入はなかなかいじれないと思います(結構あげるの大変)

給与所得控除は収入によりオートマチックに決まっていくのでこれもコントロールできません。

となると節税の可能性があるところというのは・・・

所得控除をいかに上げていけるか」ということになります。

所得控除が上がれば、課税所得の額が下がるので、必然的に所得税と住民税が下がるんですね。

この控除を活用した節税は知っている知っていないだけで全然違いますのでしっかり認識してください。

控除は意外とたくさんあります。

前にお伝えした医療費控除とかメジャーですね!

医療費控除の対象と抑えるべきポイント

今後、一個一個活用法も含めてお伝えしていこうと思います!

ニュースでよくあっている給与所得控除が下がるということは・・・?

最近のニュースで給与所得控除を下げて、基礎控除をあげるというニュースが出てます。

給与所得控除

国税庁のページより引用

具体的には上の図にある「給与所得控除上限220万円の控除を上限195万」にし、「基礎控除38万円を48万円にあげる」ということです。

基礎控除というのは、所得控除のところに入ってくると思ってください。

ふーんという感じですが、計算では給与所得で850万以上の収入がある方は今までより増税になるという流れになっております。

基本的に日本はお金持ちに厳しい国ですので、これにより収入の高いサラリーマンからの税金を取るようにしております。

逆に、フリーランスや自営業の人に少し減税になりました。

大企業に属している方などはいつの間にか少し増税になるので、少し関心を持って見てもらえればと思います。

今回は基本的な知識なので、世の中が少し変化してきているというのを感じてもらえたら問題ないです。

まとめ

最近、「児童手当はいつまで続く?」というような質問をされることが多いです。

具体的なことはもちろんわかりませんが、「お金をあげる」政策の児童手当は個人的になくならないと思っております。

なぜなら、お金をあげるという政策の方が、選挙に上がりやすいですもんね

では、その財源はどうしていくか?

それは、給与所得控除のようなよくわからないところをいじって財源を確保していくのですね。(個人的な意見ですが)

多くの人は、収入は見ますが、勝手に引かれていくものには関心を向けません。

基本的な支出の構造を理解し、国の方策に目を向けていけば、それを活用してお金を浮かせたり貯金しやすいようにすることは可能です。

一人一人が関心を持って、自分で情報を集め、選挙にて声を届けて、少しでお住みやすい世の中になればと思います。

では、固いお話ばかりになりましたが今年もよろしくお願いします!笑

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す