「等級継承」を活用して、自動車保険料の削減!

自動車保険

等級継承の活用

等級継承の勧め

今回は退職金の相談を受けているときに質問されたことをブログにしています。

質問内容は「子どもが免許を取って新車を買うんだけど、自動車保険はどのようにしたらいいかな?」というものでした。

お子さんがおられる家庭ならば、必ず考えることだと思います。

なぜなら、自動車保険のお金はおそらく親御さんが支払うから笑

家計のメリットを出すために、少しお答えしていきます!

では、いきます!

等級継承を活用しよう!

自動車保険の特徴ですが、安全運転を続けていくと「等級」がどんどん大きくなってきます。

ここであまり知られていないのですが(田舎では意外と知られてる)、この等級を家族間で引き継ぐことができます。

例えば、

親がベテランの20等級の優良ドライバー。

一方、子の方は自動車免許の合宿から返ってきたバリバリの19才新米ドライバー。

そして、子どもは意気揚々と新しく車を買う・・・

このような場面は結構イメージしやすいのではないでしょうか?

普通ならば、子どもは新米ドライバーなので等級は6等級(一番下)で年齢も全年齢適用のものに入らなくてはいけません。

このような場合に使えるのが「等級継承」です。

簡単にいったら、家族間で等級を引き継ぐ行為のことをいいます。

では、等級継承を行うことで、どのくらい差があるのでしょうか?

以下のパターンのようになります。

等級継承無しのパターン

親:20等級 保険料30000円

子:6等級 保険料150000円

合計 180000円

等級継承有りのパターン

親:6等級 保険料50000円

子:20等級 保険料70000円

合計 120000円

これが等級継承のイメージです。

等級を親と子でいれかえるのですね。

数字は大体ですが、メリットが出るイメージはこのような感じです。

もちろん等級や条件により変わってきますが、何もせずにそのまま支払うよりかなりお得になります。

等級の引き継ぎは意外と簡単

等級継承は意外と簡単で、代理店型・ダイレクト型を問わず
「家族間で等級の引き継ぎしたいですー!」
と担当の方に伝えて、あとは保険会社の方の指示に従っていけば問題ないです。

ここでポイントになるのは、等級継承の時に契約者と「同居している」かどうかです。

逆にいったら、等級継承の時に契約者と同居していれば、進学や就職、結婚などで家を離れることが決まった後でも継続することができます。

知っていればすぐにできることではありますので活用してくださいね!

自動車保険は比較で安くなる

まとめ

自動車

素敵な自動車ライフを

自動車保険だけでも詳しく書いていったら30記事くらい書けそうな気がしてきました笑

たくさんの情報がネット上に転がっていますが、それをまとめて使いやすい形にしていきたいです。

目標は「このブログを見たら必要なことは全て書いてある状態」ですね。

僕の哲学ですが、give&takeという文字giveが先にあります。

たくさんのgiveをしていくことは、商売を持続していく上で必要不可欠なことですが

ブログを書く一番の目的は関わってくれる人たちが困ることのないようにしたいからです。

後々、一人ではお客さん全てに対応できなくなる時がくると思いますので、ご自身で少しでもできるように意識して書いております。

自分のできることをしっかり伝えて、自分のできることを相手が感動するレベルまで精一杯やっていくこと。

基本的なことですが、本質だと思います。

20代とか歳は関係なく、今この瞬間が一番これから人生で若いので。

振り切ってチャレンジ漬けにしていこうと思います!

The following two tabs change content below.

FP築地

ファイナンシャルプランナーの築地です。 日々商売を通じて学んだこと、感じたこと。 うまくいったこと、失敗したこと。 少しでも僕の経験が皆さんの役に立てればなと思います。 信じてくれる人を全力で守れる自分になるために 応援よろしくお願いします。 連絡先 tsukiji0625@gmail.com

コメントを残す